引っ越し荷造りの注意点

トラックの模型

引っ越し作業で注意すること

引越しが決まったら、引越し業者に依頼します。おおよその荷物の量を提示する必要があるので、大型の家具や家電を持って行くのか処分するのかは早い段階で決めておきます。処分するとしても粗大ごみに当たるので、申し込みから回収まで時間もかかるからです。引越しの荷物は要るものと要らないものにわける必要があります。使用頻度の低いものから引越し準備を始めます。段ボールは女性でも持てる重さにしましょう。引越しで困ることは破損してしまうことです。食器などはひとつずつ新聞紙で包み、段ボールに入れます。箱の中で動かないように上下左右の隙間にも新聞紙などを入れておきます。柔らかいからと言って、布団の間に食器などを入れるのは避けましょう。布団は投げるようにして運ばれることが多いので、かえって破損しやすいのです。調味料は漏れてしまうと他の箱も濡らしてしまう恐れがありますので、きちんとふたを閉めてビニール袋に入れてから箱詰めします。洗剤も同様です。洗剤は雑巾やスポンジなどと一緒に入れておくと荷解きの時に便利です。引越し準備は荷解きのことも考えて行います。荷解きは箱詰めしたのと順番が逆に開けると考えましょう。すぐに使うものは一番後に準備し、ひとまとめにしておきます。通帳や印鑑、カードなどの貴重品は引越し荷物にせずに、自分の手荷物として自分で運びます。引越し当日は早めに起床し、身支度を整えて、布団やパジャマなど、当日の朝にしか出来ない準備を行います。

Copyright© 2019 複数を比較して見積りをとってから判断する All Rights Reserved.